Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/sleep-supplyment.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/sleep-supplyment.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
メラトニン不足で睡眠の質が悪化【睡眠ホルモンで睡眠薬いらず】 - 【テアニンサプリ】不眠で悩む社会人が睡眠サプリを徹底比較

不眠の原因【寝れない悩み】

メラトニン不足で睡眠の質が悪化【睡眠ホルモンで睡眠薬いらず】

更新日:


睡眠ホルモン」という別名を持つメラトニンは、その名の通り睡眠に欠かせない役割を担っています。

体内時計からの指示で分泌され、入眠を促すのがメラトニンの働きですが、近年は生活習慣の乱れや働き方の多様化により、体内時計そのものが狂いやすい傾向にあります。

メラトニンが不足すると、どういう睡眠トラブルが生じるのか?どんな対策ができるのか?ご紹介したいと思います。

メラトニンと睡眠の関係

メラトニンの主な役割は入眠を促すことです。

具体的には、副交感神経を優位にして深部体温を下げる働きがあり、この状態を経過して人は自然な眠りにつくことができます。

その他にも、細胞の新陳代謝を促したり、疲労を回復させたりと、睡眠全体をフォローしています。

メラトニンの分泌は、体内時計がリセットされる起床後にストップします。

そして、起床から約14〜16時間後に体内時計の指令によって再び分泌がはじまります。

この流れがスムーズに働くと「日没後から徐々にメラトニンが分泌され、就寝時にピークを迎える、起床後にストップされる」というサイクルが成立します。

しかし、体内時計の狂いやメラトニン不足に陥ると、健康的な睡眠が得られず、睡眠トラブルを招きやすくなります。

メラトニンが不足すると睡眠の質が悪化

メラトニンが不足=眠気が訪れない。という不眠に直結した問題から、睡眠の質にまで影響を与えます。

メラトニンが不足すると、熟睡できず中途覚醒が増えるため、すっきりと目覚めることができません。

睡眠の質が下がると、睡眠中に分泌される成長ホルモンにも影響するため、発育不良、怪我や病気の回復も遅らせてしまいます。

さらに、免疫力が低下し、感染症に罹りやすくなったり、長期的なメラトニン不足はガンを発症しやすくなるという研究結果も存在します。

また、生理不順や月経前症候群、鬱病を引き起こす要因になるともいわれています。

メラトニン不足になる原因とは

メラトニンが減少する原因のひとつは加齢です。

メラトニンは5〜10歳で分泌のピークを迎えます。

20代では最盛期の50%、60代では30%、70代では10%と低下していく特徴があります。

ふたつめの原因は、体内時計の乱れです。

昼夜逆転の生活スタイルや、食事や運動などの生活習慣の乱れ、日々のストレスや、先に述べた加齢によるメラトニン不足も体内時計を狂わせる原因になります。

メラトニンを増やすためには?

日光を浴びる

体内時計は光に反応します。日光を浴びることでリセット・リスタートされ、日没とともにメラトニンを分泌させます。

そのため、起床後に太陽の光を浴びるというのが、体内時計にとって大事な作業です。

起床後はカーテンを開けて部屋の中に光をたくさん取り込むようにしましょう。

就寝前の刺激を避ける

カフェインの摂取や熱めのお風呂、パソコンやスマートフォンの画面のブルーライトは、交感神経を刺激します。

就寝2時間前は、刺激を避けるようにしましょう。

即効性はありませんが、徐々にメラトニンの分泌を増やすことができます。

トリプトファンを摂取する

メラトニンの前駆体であるセロトニンの原料になるものがトリプトファンです。

トリプトファンは食べ物から直接摂取することができるアミノ酸の一種です。
牛や豚のレバー、卵、納豆などに含まれています。

しかし、単体で摂取したり、他のアミノ酸とバッティングすると効果が十分に得らないため、カツオやレバーに多く含まれるビタミンB6と一緒に午前中や空腹時に摂取することがポイントです。

トリプトファン、ビタミンB6は食べ物よりも、睡眠サプリなら手軽に摂取できます。

睡眠サプリの中でも、マインドガードDXという睡眠サプリは両成分をぎゅっと濃縮しているのでオススメです。

>>>マインドガードDXの評価・評判を見る

適度な運動

ジョギングや階段の昇り降りといったリズム運動は、メラトニンの前駆体となるセロトニンを活性化させます。

セロトニンの増加は、メラトニンを増やすことに直結します。30分〜1時間程度の有酸素運動を就寝3時間前までに行うよう心がけましょう。







睡眠サプリ総合ランキング

誰にでもオススメできる睡眠サプリをランキング形式でご紹介します。

ランキング1位:グッドナイト27000

価格 初回:990円
主な原材料 テアニン、トリプトファン
内容量 30日分

グッドナイト27000は機能性表示食品で科学的な根拠を元に設計されたサプリです。

テアニンを推奨量配合なので睡眠中や起床後の睡眠の悩みに役に立つ睡眠サプリです。

睡眠サプリの実感力にこだわりたい人にオススメです。

ランキング2位:北の大地の夢しずく

価格 定期:3,221円
主な原材料 テアニン、アスパラガス抽出物
内容量 30日分

北の大地の夢しずくは平日は夜がおそく遅くなりがち、一方で休日は朝遅くまで寝るといった、生活リズムが乱れやすい人にオススメ。

ドリンクなので、吸収率が高いので、グッスリいけます。

ランキング3位:NEMLINA(ネムリナ)

価格 定期:5,900円
主な原材料 テアニン、クエン酸
内容量 30日分

NEMLINA(ネムリナ)は、テアニンを一番配合した睡眠サプリ。

クエン酸を配合しているので、ぐったり感を回復に役に立ちます。 毎日のダル重という疲れにオススメの睡眠サプリです。

-不眠の原因【寝れない悩み】

Copyright© 【テアニンサプリ】不眠で悩む社会人が睡眠サプリを徹底比較 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.