Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/sleep-supplyment.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/sleep-supplyment.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
【年齢と睡眠の関係】加齢で眠れない?50歳代以降は睡眠の質が低下 - 【テアニンサプリ】不眠で悩む社会人が睡眠サプリを徹底比較

不眠の原因【寝れない悩み】

【年齢と睡眠の関係】加齢で眠れない?50歳代以降は睡眠の質が低下

更新日:

中高年になると「よく眠れない」という声が増えはじめます。

若い頃に比べると、夜更かしや徹夜をしなくなるので、睡眠時間が確保しやすくなる。

ファストフードで食事を済ませたり、飲み会で深酒することも多くないので、生活スタイルの乱れも少ない。

それでも、加齢とともに睡眠に対する不満は高まる一方です。

その理由と対策について掘り下げてみたいと思います。

加齢で眠れなくなるのは本当?


「国民健康・栄養調査」による睡眠時間が6時間以上の人の割合は、20~40歳代は約50%。

それに対して、50歳代は約60%、60歳代は約70%、70歳以上は約80%でした。

つまり、高齢になるほど1日の平均睡眠時間が長いことがわかりました。

その一方で、1ヵ月の間に眠れないことが「頻繁にある」「ときどきある」という人は、50歳代は約50%、60歳代は約60%、70歳以上は約61%でした。これは、若い世代に比べて高い数値だそうです。

このことからもわかるように「加齢が原因で眠れない」というのは、睡眠時間が長くても睡眠に不満を感じている状態です。

その原因は、加齢によって睡眠の質が変化するためと言われています。

加齢による睡眠の変化とは?


ノンレム睡眠とよばれる深い眠りが、いわゆる熟睡です。

脳を休息させて、体の回復・修復が行われる時間です。

熟睡している時間は、高齢になるほど少なくなるという特徴があります。

50歳以上になると、20〜30歳代の半分から3分の1程度まで減少するそうです。

熟睡している時間が短いということは、その分レム睡眠とよばれる浅い眠りの時間が多いということ。

浅い眠りは、脳が起きている状態なので、音、光、温度変化などのちょっとした刺激で目が覚めやすいのが特徴です。

また、夢を見るのもレム睡眠の間です。

良い夢ばかりなら問題ないのですが、時には夢にストレスを感じることも少なくありません。

つまり、加齢による睡眠の変化とは「熟睡している時間が少なく、浅い睡眠ばかりになりやすい」ということです。

高齢者が夜中に何度も目を覚ましたり、早朝から起きだすのは、こうした背景があるためといわれています。

中高年の生活スタイルが体内時計に影響を及ばす?

加齢による体内時計の変化といえば、朝の起床も夜の就寝も早くなる「体内時計の前倒し状態」。

睡眠の加齢変化を加速させる第一の要因は、加齢に伴うメラトニンの減少です。

メラトニンの減少に加えて、体温変化や食事時間といった生活スタイルも体内時計と関係していることが明らかになっています。

例えば、中高年になるにつれ1日の体温変動が少なくなることや、不規則な食事などの生活スタイルも、体内時計に影響を与えるのです。

加齢に負けない良質な睡眠を得るために

まずは、深い眠りを増やすこと。

次に意識して体内時計をリセットさせることが大切です。

加齢に負けない良質な睡眠を得るための対策をご紹介します。

加齢に負けない睡眠法1:本当に眠くなるまでは寝ない

加齢とともに就寝時刻が早くなる傾向がありますが、習慣よりも眠気に従って床に就いてみましょう。

軽い眠気が訪れる夕食後などは、居眠りをしないように軽い運動などをして、起きている時間を長くする工夫をしましょう。

加齢に負けない睡眠法2:日中の活動量を増やす

日中の外出で太陽光を浴びるとメラトニンの分泌が盛んになり、夕方の適度な運動はスムーズな入眠につながります。

日中は体温を上げて夜は下げる。という体温の変動にメリハリをつけると、体内時計のリセットに役立ちます。

加齢に負けない睡眠法3:血糖値や血圧の管理

糖尿病や高血圧は、睡眠不足の原因になります。

また、睡眠障害が糖尿病や高血圧を悪化させる原因にもなります。生活習慣病は睡眠と関わっています。

日頃から血糖値や血圧を管理できるようにしましょう。

加齢に負けない睡眠法4:規則正しい時間に食事を摂る

規則正しい時間に食事を摂ることは、体内時計のリセットに影響します。特に朝食は決まった時間に摂るよう心がけましょう。

加齢に負けない睡眠法5:深夜の室内照明は暗めにする

夜間の強い光は、メラトニンの分泌を低下させます。

間接照明やスタンド照明を利用して睡眠できる状態を整えましょう。
パソコンやテレビ、スマートフォンの使用も控えましょう。

加齢に負けない睡眠法6:睡眠サプリを利用する

年齢とともに体内の睡眠ホルモンが減ることで、眠りにくくなるのも理由の1つです。

睡眠サプリを利用して、睡眠に役に立つ栄養素を補給しましょう。

中でもオススメは、北の大地の夢しずくという睡眠サプリで、不眠で10年間悩んでいた開発者によって作られた休息サプリです。

>>>北の大地の夢しずくの評価・評判を見る

まとめ

50歳代以降は睡眠の質が低下することで、眠りの満足度が低下します。

加齢に負けないように、睡眠を一工夫しましょう。







睡眠サプリ総合ランキング

誰にでもオススメできる睡眠サプリをランキング形式でご紹介します。

ランキング1位:グッドナイト27000

価格 初回:990円
主な原材料 テアニン、トリプトファン
内容量 30日分

グッドナイト27000は機能性表示食品で科学的な根拠を元に設計されたサプリです。

テアニンを推奨量配合なので睡眠中や起床後の睡眠の悩みに役に立つ睡眠サプリです。

睡眠サプリの実感力にこだわりたい人にオススメです。

ランキング2位:北の大地の夢しずく

価格 定期:3,221円
主な原材料 テアニン、アスパラガス抽出物
内容量 30日分

北の大地の夢しずくは平日は夜がおそく遅くなりがち、一方で休日は朝遅くまで寝るといった、生活リズムが乱れやすい人にオススメ。

ドリンクなので、吸収率が高いので、グッスリいけます。

ランキング3位:NEMLINA(ネムリナ)

価格 定期:5,900円
主な原材料 テアニン、クエン酸
内容量 30日分

NEMLINA(ネムリナ)は、テアニンを一番配合した睡眠サプリ。

クエン酸を配合しているので、ぐったり感を回復に役に立ちます。 毎日のダル重という疲れにオススメの睡眠サプリです。

-不眠の原因【寝れない悩み】

Copyright© 【テアニンサプリ】不眠で悩む社会人が睡眠サプリを徹底比較 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.