Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/sleep-supplyment.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/sleep-supplyment.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
アルコールで睡眠が浅くなる|寝酒はよく眠れない - 【テアニンサプリ】不眠で悩む社会人が睡眠サプリを徹底比較

不眠の原因【寝れない悩み】

アルコールで睡眠が浅くなる|寝酒はよく眠れない

更新日:


アルコールは不眠や睡眠の質を下げる原因のひとつです。

しかし、睡眠前にアルコールを摂取する寝酒を習慣にしている人も少なくありません。

なぜアルコールは睡眠に悪影響を及ぼすのか?

睡眠とアルコールの関係性についてお話したいと思います。

睡眠前にアルコールを摂取してしまう理由

アルコールを摂取すると、眠気が訪れるというのは事実です。

アルコールには脳を麻痺させるエタノールという成分が含まれています。

少量ならばリラックス効果から眠気を感じることがありますが、量が多くなると気絶するように眠る場合があります。

これは、脳が麻痺しているために起きる現象であり、健康的な入眠とは別のものです。

しかし、アルコールを摂取した本人にとっては「眠れた」という事実ができるため、入眠のために寝酒を習慣にしてしまうケースが多くみられます。

ただ、アルコールによる睡眠は、質が低いだけでなくリスクがあるので注意が必要です。

アルコールが睡眠に与える悪影響


アルコールに頼った睡眠は、質が低いため睡眠が持つ修復作用が機能せず、以下のような影響を与えることがわかっています。

眠りが浅くなる

寝入りだけはスムーズですが、深い眠りが訪れにくくなります。

むしろ、アルコール分解のために臓器が休みなく活動するため、起床時の疲労感や胃もたれなどが起きやすくなります。

睡眠中に疲労回復・修復される予定の臓器が活動しているわけですから、眠りは自然と浅くなるのです。

中途覚醒が増える

アルコールによる睡眠は、麻酔のようなものです。

そのため、時間が経つと麻酔が切れたように覚醒します。

また、体内でアルコールが分解されると、アセトアルデヒドという物質が発生します。

アセトアルデヒドは、睡眠を妨げて眠りを浅くする性質があります。

さらに、アルコールの利尿作用も中途覚醒の原因のひとつです。

アルコール依存

継続的な飲酒でアルコールに耐性がつくと、寝付きの効果は薄れます。

すると、眠るためにどんどん飲酒量が増えていき「増える、耐性がつく、増える」という悪循環に陥り、アルコールに依存するようになります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

アルコールには筋緊張を和らげる作用があるため、喉付近の筋肉が緩んで気道が狭くなります。

泥酔した時にいびきをかくのは、これが原因です。

さらに、眠っているときに呼吸が停止したり、喉の空気の流れが弱くなったりする「SAS(睡眠時無呼吸症候群)」を起こす可能性もあります。

適量とされるアルコール量


アルコールそのものよりも、飲む量や時間に問題がある場合もあります。

睡眠への影響を考慮するならば、眠る3時間前には飲酒を切り上げるのが理想です。

また、一般的に適量とされている量は以下が目安といわれています。

  • ビール 1本(633ml)
  • 清酒 1合(180ml)
  • ワイン 1/3本(240ml)
  • ウイスキー水割り シングル2杯、ダブル1杯(60ml)
  • 焼酎お湯割り 0.6合(110ml)

寝酒を卒業するために


良質な睡眠のためには、寝酒を止めることをおすすめします。

しかし、ナイトキャップという言葉があるように、夜の飲酒は娯楽やリフレッシュともいえます。

夜のお酒を楽しむならば、睡眠に影響を与えないような工夫をしましょう。

  • 寝酒を止めて夜酒に。早めの時間にお酒を楽しんで、睡眠3時間前には切り上げましょう。
  • 飲む量を減らす。コップ1杯のビールでも、睡眠に影響を与えます。まずは今の半分の量を目安にして徐々に量を減らしましょう。
  • 水を飲む。アルコール同量程度の水を一緒に摂取するとアルコールによる体の負担を減らすことができます。
  • 睡眠薬やサプリメントに頼る。大量のアルコールよりも睡眠薬やサプリメントの方が健康的です。
  • 他の飲み物で紛らわす。ホットミルクやココア、ハーブティーなどは睡眠効果が期待出来る飲み物です。お酒の代わりに飲むことで口さみしさを紛らわすことができます。

まとめ

寝酒をする人も多いですが、アルコールがかえって不眠を悪化させるということを紹介しました。

お酒を飲むと眠たくなりますが、睡眠の質が悪化します。

お酒はほどほどにしましょう。







睡眠サプリ総合ランキング

誰にでもオススメできる睡眠サプリをランキング形式でご紹介します。

ランキング1位:グッドナイト27000

価格 初回:990円
主な原材料 テアニン、トリプトファン
内容量 30日分

グッドナイト27000は機能性表示食品で科学的な根拠を元に設計されたサプリです。

テアニンを推奨量配合なので睡眠中や起床後の睡眠の悩みに役に立つ睡眠サプリです。

睡眠サプリの実感力にこだわりたい人にオススメです。

ランキング2位:北の大地の夢しずく

価格 定期:3,221円
主な原材料 テアニン、アスパラガス抽出物
内容量 30日分

北の大地の夢しずくは平日は夜がおそく遅くなりがち、一方で休日は朝遅くまで寝るといった、生活リズムが乱れやすい人にオススメ。

ドリンクなので、吸収率が高いので、グッスリいけます。

ランキング3位:NEMLINA(ネムリナ)

価格 定期:5,900円
主な原材料 テアニン、クエン酸
内容量 30日分

NEMLINA(ネムリナ)は、テアニンを一番配合した睡眠サプリ。

クエン酸を配合しているので、ぐったり感を回復に役に立ちます。 毎日のダル重という疲れにオススメの睡眠サプリです。

-不眠の原因【寝れない悩み】

Copyright© 【テアニンサプリ】不眠で悩む社会人が睡眠サプリを徹底比較 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.