Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/sleep-supplyment.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/sleep-supplyment.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
夏の睡眠を妨げる原因と対策:深部体温が重要 - 【テアニンサプリ】不眠で悩む社会人が睡眠サプリを徹底比較

睡眠不足の解消法【睡眠負債を溜めない方法】 睡眠環境を変えて不眠改善

夏の睡眠を妨げる原因と対策:深部体温が重要

更新日:

日本の夏は高温多湿のため、睡眠にとってかなりの悪条件です。

夏場は体温を下げるために、体が汗をかきます。
夏場は汗が蒸発しにくいので、夜中に汗ビッショリで目覚めてしまう人も多いでしょう。

特に真夏の夜は、暑さでなかなか寝付けないという人も多いのではないでしょうか。

睡眠の質をあげるには、寝汗を抑えることが大切です。

それに加えて、夏場は暑く体温調整がききにくい季節なので、深部体温の低下不足になりがちです。

深部体温がしっかり下がらないと、入眠に支障をきたしたり睡眠の質が下がります。

気温・湿度ともに高い真夏の夜は、深部体温が下がりにくい環境といえます。
そのため、寝つきが悪さ中途覚醒などの問題が起こるのです。

真夏にすっきり眠りためには、

・エアコンで室温を快適にすること
・深部体温を下げること

の2点が大切です。

夏に快眠するためのエアコンの設定


熱帯夜といえども、エアコンをつけて寝ることに抵抗を感じる人もいるようです。

しかし、寝つきの悪さや寝苦しさで睡眠の質を低下させるよりは、エアコンをうまく活用することをおすすめします。

快適な睡眠には、室温26〜28度湿度50〜60%の環境が理想的です。

特に入眠から約3時間の間は、深い眠りであるノンレム睡眠があらわれます。

エアコンのつけっぱなしに抵抗がある場合は、タイマーを利用して3時間だけでもエアコンをつけておくと快眠に役立ちます。

寝室のクローゼットや押入れの扉を開けて、睡眠時間の約1時間前からエアコンを入れておくのもおすすめです。

天井や床を含めた部屋の隅々まで事前に冷やしておくと、タイマーが切れた後に室温が急上せず、暑さによる中途覚醒の防止につながります。

深部体温を下げる:体温の上下の仕組みを利用する

人の体は深部体温は上がった分、下げようとする働きがあります。

体温を下げるという働きを睡眠に利用するために、あえて体温を1回上げるのも効果的です。

夕食で体温を上げる


辛味のある食材や、温かい鍋料理など、夕食の内容で体温を上げることができます。

唐辛子や生姜、根菜類は体を温める効果があるので積極的に摂るようにしましょう。

体が温まると毛細血管が拡張して血流が増えます。
そこで上がった体温は輻射によって外へ放出されます。

なお、夕食は就寝3時間前までにすませましょう。たんぱく質が消化・吸収され、就寝後にホルモンが分泌されやすくなります。

軽い運動をする


ストレッチやウォーキング等の軽い有酸素運動は、体温の上昇だけでなく、睡眠に必要な自律神経のバランスを整えるのにも役立ちます。

激しい運動は交感神経を刺激してしまうので避けましょう。

上がった体温はすぐに下がるわけではないので、運動は就寝の2時間前までにすませるのが理想です。

ぬるめのお湯にゆっくり浸かる


半身浴等でぬるめお湯にゆっくり浸かると、体の芯までポカポカと温まり血行も良くなります。

熱いお湯やシャワーのみでは皮膚の表面しか温まらず、深部体温がしっかりと上がりません。
入浴にはリラックス効果もあるので、副交感神経を優位にする働きもあります。

就寝の1.5時間前には入浴をすませて入眠に備えましょう。

体温を下げる働きを持つグリシン


加齢やストレスが原因で体温変化が緩やかになるケースも多々あります。

その際は、体温を上げる工夫に加えて体温を下げる工夫も必要です。

そこで役立つのはグリシンというアミノ酸の一種。

グリシンには、深部体温を下げる働きだけでなく、徐波睡眠までの到達時間の短縮や徐波睡眠の量を増やす、目覚めを良くするなどの働きがあります。

グリシンは、肉・乳・豆・魚など幅広い動植物に含まれる非必須アミノ酸で、特にエビやホタテ、牛肉や鶏肉に多く含まれています。

しかし、睡眠に役立てるには睡眠前に摂る必要があります。

そのため、効率的にグリシンを摂取するには、食事だけにこだわらずサプリメントも視野に入れると良いでしょう。

グリシンのサプリは安価なサプリも多く、グリミンというグリシンサプリは1日34円で継続できます。







睡眠サプリ総合ランキング

誰にでもオススメできる睡眠サプリをランキング形式でご紹介します。

ランキング1位:グッドナイト27000

価格 初回:990円
主な原材料 テアニン、トリプトファン
内容量 30日分

グッドナイト27000は機能性表示食品で科学的な根拠を元に設計されたサプリです。

テアニンを推奨量配合なので睡眠中や起床後の睡眠の悩みに役に立つ睡眠サプリです。

睡眠サプリの実感力にこだわりたい人にオススメです。

ランキング2位:北の大地の夢しずく

価格 定期:3,221円
主な原材料 テアニン、アスパラガス抽出物
内容量 30日分

北の大地の夢しずくは平日は夜がおそく遅くなりがち、一方で休日は朝遅くまで寝るといった、生活リズムが乱れやすい人にオススメ。

ドリンクなので、吸収率が高いので、グッスリいけます。

ランキング3位:NEMLINA(ネムリナ)

価格 定期:5,900円
主な原材料 テアニン、クエン酸
内容量 30日分

NEMLINA(ネムリナ)は、テアニンを一番配合した睡眠サプリ。

クエン酸を配合しているので、ぐったり感を回復に役に立ちます。 毎日のダル重という疲れにオススメの睡眠サプリです。

-睡眠不足の解消法【睡眠負債を溜めない方法】, 睡眠環境を変えて不眠改善

Copyright© 【テアニンサプリ】不眠で悩む社会人が睡眠サプリを徹底比較 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.