Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/sleep-supplyment.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/sleep-supplyment.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
ブルーライトが睡眠に与える影響と対策|体内時計をリセット - 【テアニンサプリ】不眠で悩む社会人が睡眠サプリを徹底比較

不眠の原因【寝れない悩み】

ブルーライトが睡眠に与える影響と対策|体内時計をリセット

更新日:


「ブルーライトは体に良くない」という情報を耳にしたことがある人は多いと思います。

しかし、どのように悪いのか、どんな影響を及ぼすのかというとところは漠然としているのではないでしょうか?

ブルーライトが直接的に影響を与えるのは、まずは眼です。
そして脳にも影響を与えます。

その症状が顕著に現れるのが睡眠なのです。

ちょっとした夜更かしで、スマホでYoutubeを見ていたら眠れなくなった。
という原因の1つは、ブルーライトの悪影響と言われています。

ブルーライトとは


ブルーライトとは、波長が短い青色光のことです。

波長の短い代表的な光といえば紫外線、逆に波長の長い光といえば赤外線ですが、これらは不可視光線といって人の目には見えません。

ブルーライトは、可視光線(人間が目で見ることのできる光)の中で最も波長が短く、紫外線に近い強いエネルギーを持つのが特徴です。

ブルーライトを発する代表的なもの

  • パソコンの画面
  • スマートフォンの画面
  • 携帯ゲーム機
  • 液晶テレビ
  • 照明器具

これらには、発光ダイオード(LED)が多く含まれています。

パソコンやスマートフォンなど、液晶モニターの光は白色LEDライトが使用されています。

白色LEDライトは、青色と黄色のみを掛け合わせて作られているのです。

そのため、白色LEDライトはブルーライトを多く発することになるのです。

どうして体に良くないとされているの?

ブルーライトの光は、目の角膜や水晶体で吸収されず網膜まで達します。

さらに、網膜に達したブルーライトは体に吸収されて脳に達するのです。

すると、眼精疲労やドライアイなど目の病気にとどまらず、生体リズムにも影響を与えます。

ブルーライトが体に良くないとされる理由はまさにこれなのです。

ブルーライトは睡眠にどんな影響を与えるの?

ブルーライトはメラトニンを抑制する

メラトニンとは、睡眠を誘引するホルモンで「睡眠ホルモン」ともよばれています。

目覚めてから14〜16時間程度が経過すると分泌がはじまり、眠りを誘うだけでなく抗酸化作用や新陳代謝、疲労回復などの効果があると考えられています。

メラトニンは太陽光を浴びることで分泌を調節しています。
紫外線に近いブルーライトはその光に匹敵します。

通常は、朝に太陽光を浴びてメラトニンが抑制され、体内時計がリセットされます。

しかし、夜間にブルーライトのような強い光を浴びると、体は「朝がきた」と勘違いをする可能性があるのです。

そうなると、夜間でも体内時計がリセットされてメラトニンの分泌が抑制されてしまいます。
つまり、ブルーライトの光は睡眠を妨げてしまうのです。

ブルーライトが原因の睡眠障害の症状とは?

ブルーライトの影響で、メラトニンが抑制されると睡眠に支障をきたします。

眠れないという不眠の症状が続くと、脳も体もリラックスする時間を十分に確保できなくなります。

そうなると体内時計や自律神経の乱れが起こります。

「眠れない・起きれない」という実感しやすい症状だけでなく

  • 疲れがとれない
  • 免疫力が落ちる
  • 肌の老化

といった症状も進みます。

慢性的な睡眠不足に陥ると、心臓病や動脈硬化、高血圧、糖尿病、うつ病などにかかりやすいともいわれています。

ブルーライトを避ける方法

スマートフォンやLED照明など、ブルーライトは私たちの生活のいたるところに存在しています。
そのため、完全に排除するのは難しいと思いますが、物理的な工夫をすることでブルーライトを避けることは可能です。

ブルーライトをカットするフィルムを装着

スマートフォン、パソコン、テレビ等の液晶画面用にブルーライトをカットするフィルムが販売されています。
画面に貼り付けるだけでブルーライトを大幅にカットできるものもあります。

液晶画面の色や明るさをコントロール

多くのパソコンやスマートフォンには、画面の色や明るさを調節する機能が付いています。

中にはナイトモードやナイトシフトをよばれる「夜になると自動的にブルーライトが軽減される」という設定が搭載されている場合もあります。

寝る前にスマホを触る習慣がある人にはオススメです。

ブルーライトカットメガネ

パソコンなどを使用する時にブルーライトをカットするメガネをかけておけば、眼精疲労や目への直接的な刺激を軽減してくれます。

夜間にパソコンを使用する時にも便利だと思います。

電球色や蛍光灯を使用する

LED照明を使用しないというのが一番効果的ですが、避けられない場合もあると思います。

そんな時は、LED照明の中でも比較的ブルーライトの少ない電球色を選ぶのがおすすめです。

一番望ましいのは、LEDではなく電球や蛍光灯を使用することです。

まとめ

ブルーライトが睡眠へ影響を与えるという話をしました。

ベッドに入ってスマホをしてしまうと、眠気が飛んで頭が冴えてしまうので睡眠にとっては逆効果です。

といっても、ブルーライトを浴びずに生活する事は困難です。

そのため、夜遅くなったら日常生活に支障のない範囲まで、照明の明るさを落としましょう。

夜遅くなったら部屋の照明の明るさを落とす、スマホの明るさの設定を下げる。

小さいな行動ですが、眠気を感じやすくなるでしょう。

ブルーライトは、睡眠へ大きく影響しているのです。







睡眠サプリ総合ランキング

誰にでもオススメできる睡眠サプリをランキング形式でご紹介します。

ランキング1位:グッドナイト27000

価格 初回:990円
主な原材料 テアニン、トリプトファン
内容量 30日分

グッドナイト27000は機能性表示食品で科学的な根拠を元に設計されたサプリです。

テアニンを推奨量配合なので睡眠中や起床後の睡眠の悩みに役に立つ睡眠サプリです。

睡眠サプリの実感力にこだわりたい人にオススメです。

ランキング2位:北の大地の夢しずく

価格 定期:3,221円
主な原材料 テアニン、アスパラガス抽出物
内容量 30日分

北の大地の夢しずくは平日は夜がおそく遅くなりがち、一方で休日は朝遅くまで寝るといった、生活リズムが乱れやすい人にオススメ。

ドリンクなので、吸収率が高いので、グッスリいけます。

ランキング3位:NEMLINA(ネムリナ)

価格 定期:5,900円
主な原材料 テアニン、クエン酸
内容量 30日分

NEMLINA(ネムリナ)は、テアニンを一番配合した睡眠サプリ。

クエン酸を配合しているので、ぐったり感を回復に役に立ちます。 毎日のダル重という疲れにオススメの睡眠サプリです。

-不眠の原因【寝れない悩み】
-

Copyright© 【テアニンサプリ】不眠で悩む社会人が睡眠サプリを徹底比較 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.