Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/sleep-supplyment.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/sleep-supplyment.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
寝ようとしても寝付けない:入眠障害の原因と対策 - 【テアニンサプリ】不眠で悩む社会人が睡眠サプリを徹底比較

睡眠不足の解消法【睡眠負債を溜めない方法】

寝ようとしても寝付けない:入眠障害の原因と対策

更新日:

入眠障害は多くの方が悩んでいる睡眠障害の中の1つです。
入眠障害とは、”いざ寝ようとしてもなかなか寝付くことができない”という状態を指します。

では、入眠障害には具体的にどのような症状が見られるのか、原因や対策とあわせて見ていきたいと思います。

入眠障害の症状とは

入眠障害の症状にはどのようなものがあるのか、診断基準を参考に見てみましょう。

・寝ようと思っても、布団に入ると目が覚めてしまって眠れない(30分〜1時間)
眠れないことからイライラしてしまう
・このような状態が半月〜1ヶ月以上も続く

このような症状が見られるのが入眠障害ですが、眠れないことに対してストレスを感じてなかったり、本人がそのことを気にしていない場合には入眠障害とは定義されません。

例えば、旅行やデートの予定があり、それが楽しみで寝付けないというのは入眠障害ではないということです。

入眠障害だと診断される基準

上記のような症状があり入眠障害だと診断される場合には、以下のような基準があります。

日常生活に支障がでるようになった
頭がぼーっとしたりフラフラしたりする
・幻覚や幻聴がみられる

このような状態になっている方は、かなり悪化している入眠障害だと言えます。

放置してしまうと、不眠症になったりさらに症状が悪化してしまうことがありますので、すぐに病院を受診し、医師の指示に従うようにしましょう。

入眠障害ではない場合

先程少し触れましたように、入眠障害ではない場合もあります。

デートや旅行でワクワクすることで眠れなくなってしまう場合や仕事に行くことが億劫で寝ることを無意識に拒否しているような場合には、入眠障害には当てはまりません。

中でも、「朝が来たら仕事だ・・・」と憂鬱になっている方の場合、寝ずに自由な時間を過ごすことで現実から目を背けようとすることが多くあります。

その結果、「寝る=怖いこと・嫌なこと」というように脳が学習してしまい、ベッドに入った瞬間に眠れなくなってしまうのです。

他にも、腹痛や頻尿などの身体に原因がある場合に入眠できなくなる状態も、入眠障害には当てはまりません。

入眠障害の原因

入眠障害になってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

不安に感じていることがある
・なにか緊張している
日頃から運動不足になっている
ストレスが溜まっている

入眠障害の場合、身体の面よりも、主に精神的な面での不安やストレスが原因となっていることがあります。

職場や友人、家族、近所付き合いなどの人間関係やそれぞれの環境が原因で、ベッドに入ってからそのようなことを延々と考え続けてしまっているかもしれません。

上記のようなものの中で心当たりがある場合には、それらを少しでも改善できるよう努めていく必要があります。

精神的なストレスはリラックスするための副交感神経ではなく、活動するための交感神経を優位にしてしまいます。
その結果、身体が覚醒してしまい、眠れる状態ではなくなるのです。

入眠障害の対策はどのようなものがあるの?

入眠障害への対策としては、精神面へのアプローチが有効的です。

・寝室にはストレスを持ち込まない
・寝る前にはお風呂や食事は避ける
・強い光の照明は避けて暖色系の暗めの照明にする
・サプリメントを服用する

精神面へのアプローチとして、寝室にストレスを持ち込まないようにするために、寝る前に趣味の時間を設けたり、ストレスが発散できる状態にすることをオススメします。

スマホやパソコンとにらめっこするのではなく、ボーっと好きな映画を見たり雑誌を眺めたりすると、リラックスできる上にブルーライトの影響を受けずにすみます。

普段デスクワークなどで身体を動かす機会がほとんどないという方の場合にはストレスも溜まりやすくなってしまいますよね。
そのような場合でも身体を動かすことでストレスを軽減することができますので、ヨガやストレッチを取り入れることもオススメです。

睡眠サプリに頼ってみるのも1つの手です。

オススメの睡眠サプリ!

精神的なストレスを軽減するには、副交感神経を優位にする必要があります。

睡眠サプリは、体の内側から優しくリラックスに導く事ができます。

特にオススメは、潤睡ハーブというサプリです。

  • 植物由来の休息サプリ
  • ラフマ(ハーブ)、ギャバなどのリラックスに導く成分
  • グリシン・金時生姜が巡りを整え入眠をサポート

上記で紹介した睡眠対策にぴったりと当てはまる商品です。

今ならキャンペーンで66%OFF(1980円)で始める事ができます。
返金保証もあるので気軽に試しやすいですね。

医師の診察をうけることも大切

もし、入眠障害に悩んでいるにも関わらず放置してしまった結果、うつ病や深刻な不眠症になった時には、すぐに医師に相談するようにしましょう。

適切なケアを受けることができますし、診断書を作成してもらうことができるため、職場に提出して一時的に休むことができるようになります。

それ目当てでわざと悪化させる方はおられないと思いますが、悪化したり深刻な状態になる前に、医師の診察は早めに受けておくことが大切です。







睡眠サプリ総合ランキング

誰にでもオススメできる睡眠サプリをランキング形式でご紹介します。

ランキング1位:グッドナイト27000

価格 初回:990円
主な原材料 テアニン、トリプトファン
内容量 30日分

グッドナイト27000は機能性表示食品で科学的な根拠を元に設計されたサプリです。

テアニンを推奨量配合なので睡眠中や起床後の睡眠の悩みに役に立つ睡眠サプリです。

睡眠サプリの実感力にこだわりたい人にオススメです。

ランキング2位:北の大地の夢しずく

価格 定期:3,221円
主な原材料 テアニン、アスパラガス抽出物
内容量 30日分

北の大地の夢しずくは平日は夜がおそく遅くなりがち、一方で休日は朝遅くまで寝るといった、生活リズムが乱れやすい人にオススメ。

ドリンクなので、吸収率が高いので、グッスリいけます。

ランキング3位:NEMLINA(ネムリナ)

価格 定期:5,900円
主な原材料 テアニン、クエン酸
内容量 30日分

NEMLINA(ネムリナ)は、テアニンを一番配合した睡眠サプリ。

クエン酸を配合しているので、ぐったり感を回復に役に立ちます。 毎日のダル重という疲れにオススメの睡眠サプリです。

-睡眠不足の解消法【睡眠負債を溜めない方法】

Copyright© 【テアニンサプリ】不眠で悩む社会人が睡眠サプリを徹底比較 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.